エキサイティングアワー

エキサイティングアワー
スポンサーリンク

「みなさ~ん!
元気ですかー?!
元気が一番、
元気があれば何でもできる!」
と猪木さんは
申してましたが、
いよいよもって
深まってまいりました。
食欲の秋、
芸術の秋、
スポーツの秋
と来たらプロレスです!?
という訳で
本日ご紹介する
アーケードゲームの原曲は
1985年に
テクノスジャパンから発売された
エキサイティングアワーです。

本作品は
アーケードゲームの
歴史において
プロレスを題材にした
この後の作品に
多大な影響を与えた
実はとても重要な作品だと
個人的には思っております。
そう、
この作品がなければ
同社の
『熱血硬派くにおくん』も
『ダブルドラゴン』も
存在しなかったのかも
しれません。
それゆえに
少々、荒業的な
ネタでも
どうしても本作品の
ご紹介をしたかったのです。

さて、
ここまで引っ張った
お待ちかねのネタは
普通にプレイをしていき
四人目を倒すと
タイトルマッチの
対戦者紹介に
流れる曲(フレーズ)が
タツノコアニメの中でも
珍作の部類に入る
【とんでも戦士ムテキング】の
変身シーンで
ムテキンチェーンジ後の
フレーズに酷似してます。
これで間違いなしってことに
しといて下さい。

ちなみに
実況アナのモデルは
倉持さんという方も
おられるようですが、
時代背景的には
古舘伊知郎であると
私は勝手に
思っております。

ずっと
移植されずじまいの
名作でしたが
やっとPS4の
ダウンロード専用タイトル
『アーケードアーカイブス』で
プレイすることが
できるように
なりましたので
是非プレイしてみて下さい。

スポンサーリンク

プロレス テレビゲーム
Aアマゾンを見る
R楽天を見る

「Muteking The Dashing Warrior」に関するおすすめ動画
powered by Google

※関連のない動画が表示されることもあります。